WordPress テーマ WordPress プラグイン

WordPress5.0 メジャーアップデートでの不具合

投稿日:

【改悪?】WordPress5.0「Gutenberg」メジャーアップデートでの不具合続出!

プラットフォームがWordPressで納品しているクライアント様から
最近続々と「投稿出来ない」とSOSが相次いでいます。

原因は題目通り、WordPress5.0へのメジャーアップデートによるものです。

WordPressはセキュリティ強化として、適宜アップデートを行っており、
非常にありがたいと思っております。

でも今回のメジャーアップデートでは(改悪?)とさえ思う不具合が起きています。
不具合の種類と解決方法を備忘録として残したいと思います。

投稿のインターフェイスが変わっている?

通常の投稿画面はこちら↓の様になりますが、

WordPress5.0の投稿画面はこの様になります↓

5.0の方では、タイトルは別として、その下にブロック形式で投稿種類を
増設していく方式になっています。

普段、HP等を扱い慣れている方は察しがついて、何となくでも操作できるのですが、
クライアント様もそうですが、ほとんどの方は初心者になりますので、
最初のやり方とインターフェイスが変わっただけでも不安になります。

多分この方式は後で修正がはいるとは思いますが、
それまではプラグインで対応出来ます。
要は「旧投稿画面風」にインターフェイスを戻すプラグインです。

「プラグイン」→「新規追加」から「Classic Editor」を検索。
有効化するだけでOKです!

そもそも自動アップデートを停止するべき

今回の事例は、そもそも自動アップデート機能が備わっている事が原因だと思います。
更に言えば、4.x.x内での自動アップデートは問題がありませんが、
大幅なメジャーアップデートは自動で行なわない仕様にすべきです。

なので今回は、「config.php」へコマンドを直挿入して自動アップデートを停止しました。

やり方は、FTPでサーバー内にアクセスが必要です。
WordPressディレクトリ内の「config.php」にアクセス。
どこでもいいので下記のコマンドを挿入

保存すると自動でアップデートしません。
自動でアップデートしないだけで、アップデート通知は来ます。

どうしても不具合がある場合はダウングレードが必要だと思います。
別ページにてダウングレードのやり方を説明致します。

 

-WordPress テーマ, WordPress プラグイン

Copyright© WordPressの憂鬱 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.